カードローンのネット完結サービスの利用方法

予想外の金欠のピンチに、手助けとなるのがカードローンのサービスですが、「忙しくて窓口や契約機まで行く時間がない」もしくは「借り入れしをしている所を知り合いに見られるのが怖い」という方もいらっしゃると思います。

そんな悩みを持っている方にお薦めなのが、本サイトで紹介する『ネット完結』のサービスです。
最近のカードローンは忙しくて外出する時間がない方などに向けて、申し込みから借り入れまでを、全てネット上で済ませることができるネット完結のサービスが注目されています。

本サイトではネット完結を利用する上での注意点、そしてネット完結が利用できるカードローン会社のネット完結の手順について紹介していきます。

ネット完結の注意点

まずはネット完結のサービスを利用する前に知っておくべき注意点から紹介していきます。

基本的に振り込みで借り入れできるのは平日の15時まで

カードローンでのお金の借り方を大きく2つに分けると『自分の口座に振り込んでもらう方法』『カードを発行して提携ATMで借りる方法』の2つに分かれます。

ネット完結は申し込みから契約、そして振り込みまでを全てネット上で済ませることができる方法ですが、振り込みまでを全てネット上で完結させるには、銀行の営業終了時間の10分前である『14時50分』までに全ての手続きを終わらせて振り込み申請を行う必要があります。
もしも振り込み申請が14時50分を過ぎた場合は振り込みの反映が翌営業日となってしまいます。

また土日祝日も銀行が休みなので、基本的には振り込みでの借り入れはできません。

土日祝日や銀行が終わった後でもカードを発行すれば即日融資はできます

しかし、もしも契約の完了が銀行の営業時間に間に合わなかった場合、もしくは土日祝日の場合でも、契約機の営業時間内であれば、最寄の契約機まで足を運ぶことによってカードローン用のカードを発行することが可能です。

契約機の営業時間は会社や曜日によって異なりますが、およそ閉店時間が19時~22時となっていますので、大きくタイムリミットを延ばすことが可能となります。

契約機でカードを発行する場合は会社によっては免許証・パスポート・保険証などの本人確認書類が必要となる場合もありますので、いずれか一点を持参しましょう。
契約機でカードさえ発行できれば、それぞれのカードローン会社の提携コンビニ、もしくは提携銀行のATMで融資金の引き出しが可能となります。

契約に必要な書類について

次にカードローンのネット契約を利用する際に必要な書類について紹介します。

本人確認書類

ネット完結に限らず、カードローンを利用する上では『本人確認書類』の写しの提出が必要となります。
本人確認書類として有効なものは、以下からいずれか一点となります(会社によって多少異なります)

  1. 運転免許証
  2. 健康保険証
  3. パスポート

※健康保険証を提出する場合は加えて『住民票の写し、もしくは公共料金の領収書』が必要となる場合もあります
基本的には運転免許証が最も証明力が高い書類となりますので、運転免許証をお持ちの方はご利用下さい。

収入証明書類

総量規制の対象外である銀行のカードローンについては、利用限度額が100万円以下である場合は申請者本人の収入を証明する書類が不要となる場合もありますが、総量規制の対象であるカードローンについては利用限度額が50万円超である場合や他社との合計額が100万円超の場合は『収入証明書類』の提出が必要となります。

基本的には以下の書類からいずれか一点の『写し』を用意しておく必要があります。

  1. 源泉徴収票
  2. 税額通知書
  3. 所得証明書
  4. 確定申告書
  5. 給与明細書

以上が主なカードローンの必要書類ですは、求められる書類は会社によって若干異なりますので、申し込みを考えているカードローン会社の必要書類は必ず確認しておいてください。

ネット完結が利用できるカードローン会社の申し込み手順

では次に、ネット完結のサービスが利用できるカードローン会社で『ネット完結』の利用するための手順について紹介していきましょう。

プロミス

基本的にはカードローンの会社はカードの発行が必須となっていますが、プロミスはカードの発行なしで契約を完了させることができますので「契約機までカードを取りにいきたくない」「自宅にカードを郵送して欲しくない」という方に最適です。

[1]ネットで申し込みを行う
プロミスのホームページより申し込み画面へとアクセスし、『ご希望の契約方法』の項目でWebにチェックを入れます。

[2]必要書類を提出する
そして各項目を入力し、申し込みが完了したら、『必要書類』をそれぞれデジカメやスマホで撮影するか、スキャナーに取り込むなどして画像化し、プロミスへと送ります。

必要書類は上で説明した『本人確認書類』です。
また希望の借り入れ額が50万円を超える場合、もしくは他社と合わせた利用残高の合計が100万円を超える場合は『収入証明書類』も必要となります。
プロミスでの借り入れで有効な収入証明書類は以下の通りです。

  1. 源泉徴収票(最新のもの)
  2. 確定申告書(最新のもの)
  3. 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。

必要書類の提出が完了したら、審査が開始します。審査は最短で30分で完了しますが、審査状況によっては時間が掛かる場合もあります。
審査結果はメールもしくは電話で伝えられます。

[3]返済方法を『口座振替』にする

無事審査を通過したら、『返済方法の選択』へと進みます。ネット完結を利用する場合はここで『口座振替による返済』を選択する必要があります。そして続けて融資金の振り込みに利用する金融機関を登録します。

[4]カード発行の選択で『なし』を選ぶ

続いて『カード発行の選択』へと進みます。ここで『あり』を選択してしまうと自宅へとカードが発送されてしまいますので、ネット完結を希望の場合は『なし』を選びます。
これでプロミスのネット完結の手続きは全て完了です。
もしも土日祝日の借り入れなどでカードが必要になった場合は、プロミスの受付窓口もしくは契約機まで足を運ぶことによって発行できます。

【番外】プロミスで土日祝日も即日振り込みする方法
本サイトの冒頭で説明した通り、ネット完結を利用した振り込みでの借り入れは基本的に土日祝日は即日反映はされませんが、プロミスでは三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座をお持ちの方限定で365日24時間※いつでも振り込みでの借り入れが可能な『瞬フリ』のサービスを提供しています。しかも振り込みは最短10秒の早さで手数料も0円です。

上記2銀行の口座をお持ちの方に、特にプロミスはお薦めです。

※元旦除く。三井住友銀行は『毎週日曜日21時~翌月曜日7時』、ジャパンネット銀行は『毎週月曜日0時~7時』にサービス停止時間があります。

レイク

レイクはネットでの申し込み後すぐ画面上で簡易審査の結果を知ることができますので、スムーズに手続きを進めることができるカードローン会社です。

[1]ネットで申し込みを行う
レイクのホームページにスマホやパソコンでアクセスし、フォームで必要項目をそれぞれ入力し、申請を行います。
レイクは申し込み後すぐに画面上で『簡易審査の結果』を知ることができます。
簡易審査を無事通過したら、次の手順へと進みます。

[2]契約手続きのフォームを入力
契約手続きのフォームに利用する振込先の情報を入力します。
入力が終わると契約内容が表示されますので確認します。

[3]必要書類の提出を行う
『必要書類』をアプリ、メールまたはFAXで送ります。アプリやメールの場合はそれぞれデジカメやスマホで撮影するか、スキャナーに取り込むなどして画像化し、プロミスへと送ります。
必要書類は上で説明した『本人確認書類』です。

また100万円を超えて契約する場合は原則として『収入証明書類』も必要となります。
レイクでの借り入れで有効な収入証明書類は以下の通りです。

  1. 源泉徴収票(直近分)
  2. 税額通知書(直近分)
  3. 所得証明書(直近分)

上記の書類の取得が困難な場合は、最近の3ヵ月以内の連続2ヵ月分の『給与明細書』を提出します。

[4]借り入れ
レイクによる必要書類の確認が問題なく完了したら、指定の銀行口座へ融資金が振り込まれます。

[5]カード及び書類の受け取り
レイクのネット完結申込では、最終的にカードを受け取る必要があります。
カードと書類は自宅へと『本人限定郵便』で送られるため、家族や同居人に知られる可能性は少ないですが、自宅にどうしても送って欲しくないという場合は、申込時の入力フォームで『カードの郵送なし』にチェックを入れ、契約が完了したら最寄の契約機まで行く事によってカードの発行と書類の受け取りが可能となります。

おわりに

以上がカードローンのネット完結のサービスについての解説と、カードローン代表2社の申し込みの手順の紹介となります。

ネット完結は忙しい方やスピーディーに手続きを済ませたい方に最適の申し込み方法ですが、銀行口座への振り込みでの借り入れとなるため、即日融資をする為には早めの申し込みが必要とされます。

基本的にはネットでの申し込みは24時間可能となっていますので、早めの審査を受けたいという場合は、前日の夜に前もって申し込んでおくのもお薦めな方法です。
皆様の借り入れが無事成功する事を祈っています。

プロミス